ログイン
  1. ブログTOP
  2. 朝野りんごさんのブログ
  3. 2018年1月31日 (水) 17:01 の投稿

朝野りんごさんのブログ

メールを送る プロフィール ブログ一覧

2018年1月31日 (水) 17:01

ため息が出るほどうっとり・・。 上品な大人の男の色気・・最高です。 今日は、先日観た映画についての感想です(*´ω`*) いや、この前の記事でドラクエの話したからその続きでもいいかとは思ったのですが、 映画の感想は鮮度のいいうちにって言うじゃないですか!(言わない) 今回は、画像にもある通り、そうですその通りです。 現在絶賛公開中「キングスマン ゴールデンサークル」の、 あのコリン・ファースが主演を務めた2009年公開の映画・・・ その名も「シングルマン」です! 前々からタイトルに引っ掛かりを感じていて、 コリン・ファースにも正直めちゃくちゃ興味があったのでようやく観ることにしました。 あらすじとしては、私が下手に紹介してもアレなので公式から引っ張ってきます・・ 以下あらすじ! ‘’1962年のキューバ危機下にあったロサンゼルス。長年の同性愛の恋人だったジムを8ヶ月前に交通事故で失い、生きる価値を見失っていたイギリス人の大学教授ジョージはピストル自殺を企てる。大学のデスクを片付け、弾丸を購入。「ネクタイはウィンザーノットで」と遺書をしたため、準備を進める。しかしジョージの学生、ケニーがジョージにゆっくりと近づいていく。‘’ とまあ、同性愛系のお話です。 しかし注目したいのはこのタイトルですね・・! シングルマンというのは、独身男性という意味で間違いないと思うのですが。 そう、これってただのゲイ映画じゃないんですよ。 ゲイの話だから関係ないわけではないんですね。 これはみんなに観て欲しい。そして考えてほしい。 あんまり言うとネタバレになってしまうのですごくここはせめぎあいなのですが・・・ 「シングルマン」には、独身男性という意味に加えて、 いわゆる孤独、といった意味合いもあるのではないかと私は思います。 孤独な人間は死ぬことに対しておそらく恐怖がありません。 大切だと思う人が居ると途端に死は恐怖になります。 ジョージは、恋人を亡くし、生きる価値を失って自殺を決意します。 ここで思うのですが・・・生きる価値って何なんでしょうか? 私にはそれはまだわかりません・・・ 永遠のテーマですよね。 自分以外の誰かのために生きるのが価値なのでしょうか? でも、少なくともジョージはそう考えたようですね。 では孤独な人間に価値はないのでしょうか? そもそも本当に孤独な人間なんて居るのでしょうか・・・ なんだかまとまらなくなってきたな(;'∀') つまりそういうことです(逃げた!笑) この映画は、主人公であるジョージの主観的な目線の演出が印象的です。 これから死のうとする人間の主観。興味深いですよね。 また絶対に押さえておきたいのは、思わず息を飲むようなあの映像美ですよね・・。 全てのシーンのディテールが事細かに作り込まれているんです。 映るのは美しい男、真っ白なシーツ、年齢を重ねた白い肌にシワ一つないスーツ。 これ以上のエロスが他にありますか・・・って話ですよ・・・・っ!!! いや、こういうのはわからない人もいるのかもしれませんが・・・。 直接的な卑猥な描写や表現は一切ないのに、 そこはかとなくあふれ出る色気・・・・・エロス・・・・・ まさにため息が出るような美しさです。 こういうの、こういうのですよ私が好きなのは・・!! ああもう、是非観てくださいっ! そして感想を言い合いましょう( ;∀;) はあ・・いまほんとにため息が出ました(笑) まだまだ語りたいことはありますが、長くなるのでこのへんで! 長々と読んでいただきありがとうございました。 あと一昨日は久々にランボーを観たのでそれについても近々書きます! ではでは~!!