ログイン
  1. ブログTOP
  2. りんごてゃさんのブログ
  3. 2018年2月23日 (金) 0:13 の投稿

りんごてゃさんのブログ

2018年2月23日 (金) 0:13

ヤロウオブクラッシャアアアアア!!!!! 「来いよベネット、銃なんか捨ててかかってこい」 メイトリックスのこの言葉の後にベネットは、上記と画像のようになります。 すみません、1行目はふざけてます(笑) 昨日更新したばっかりなのにまたブログかよ! と思うかもしれませんね、すみません( ゚Д゚) いや、コマンドーを見たのは2週間くらい前なのですが なぜか記憶がぶり返して書きたくなってしまいました。 あ、コマンドーご存知ですか??? アーノルド・シュワルツェネッガー主演、1985年公開の映画です。 ニ〇ニコ動画とかではかなり有名なようですが(笑) 私はこれは、スカッとしたい時に観る映画としてはものすごいいいなと思っています。 というか私はこれをそういう時によく観てるんですよね。 頭をすっからかんにしてでも観れるし、観た後も頭がすっからかんになる。 なにも考えられなくなり高揚感だけが続く、まるでシャブですね!! これが合法で楽しめるんですから、映画って最高ですよね。 この映画、どこがどうシャブたらしめてるかというと、なんといっても軽快な掛け合いの妙にあります。 「(娘を)無事取り戻したければ俺たちに協力しろ、OK?」「OK!」(そして殺す) 「面白いやつだな、気に入った。お前は最後に殺してやる。」 「お前は最後に殺すといったな、あれは嘘だ」 「余裕の音だ、馬力が違いますよ」 「10万ドルポンッとくれたぜ」 「連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れてる」(実際死んでる) 「筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」 「元グリーンベレーの俺に勝てるもんか」 「試してみるか?俺だって元コマンドーだ」 「何が始まるんです?」「第三次大戦だ」 吹き替えなのですが、私が気に入ってるところでいうとこんだけあります。 これは字面で見てもよくわからないですが、実際に映画を観て聞くとめっちゃ面白いです。 「OK!」が個人的には一番好きです。 「OK!(OKとは言ってない)」というかんじ(笑) ネット上では異常なくらい人気があるのですが、 私的にはそこを差し引いても傑作と言わざるを得ませんね。 ストーリーは単純!かつての戦友に娘を攫われ返してほしくば汚い仕事をさせる! と言われたシュワ演じるメイトリックスが筋肉にものを言わせて娘を取り返しに行く、という話です!単純~!! しかし、名作のストーリーはたいてい単純なものです。たいてい3行で説明できます。 その中に、細部に至る技の妙を光らせる・・・ あと、アクション映画にはよくあるのですが 最終決戦でお互いが銃や武器を捨てて素手で殴りあおうとする展開。 これ、だいssっすきなんですよね。 本当の実力で勝ちたいだろう? 武器なんか使って卑怯者のままでいいのか? と、男のプライドを刺激するんです。 正直最高です。自分が女でいることがこれほど悔しいことはありません。 羨ましい・・・・ この展開が、この映画にはあります。 ブログ冒頭のやつです。 「来いよベネット、銃なんか捨ててかかってこい」 「野郎、ぶっ殺してやる!!!」 この、見事な煽り煽られの掛け合い!! 素晴らしいです、文句なし。 シュワちゃんといえば『ターミネーター』! のイメージを、この映画は払しょくしやがります。 シュワちゃんといえば『コマンドー』! と、いつの間にかなってしまいました。 私は高校生の頃に『コマンドー』に出会ってから、 もう無理だ…となったときは必ず観て、一度感情をリセットしてます。 この映画がなかったら私は今頃廃人のように惰性で生きていた…かもしれません(笑) なんかすごい神格化してしまってますけど! まあ!ここまでは個人の意見なので… 観たけどなんともならねえよってひとはいいんですそれで!ひとそれぞれなんで! 私はムキムキの男を見るとストレスが吹き飛ぶ特異体質なので、それもあるかもしれません(笑) シュワちゃん、ほんっとにムッキムキなんですよ…… いや、知ってますよねさすがに…(笑) さてさて、ということで今回は ぜひご鑑賞いただきたい名作のご紹介でした。 ここ最近は脳筋系の映画ばっかり見てるからなんだか知能が下がりそうです。 でも中毒なので、まだまだたくさんみまーーーす!!!!!はは!!!!! (知能の低下が顕著) ではでは。