ログイン
  1. ブログTOP
  2. 山野華さんのブログ

山野華さんのブログ

  1. 9/12 (火) 20:09

    ○○の闇、というタイトルに惹かれる

    こんばんは、山野です。 私は「○○の闇」というタイトルのTV番組、あるいはYouTube動画、またある時は書籍に惹かれます。 都市伝説や陰謀論が好きというのも、勿論あるのですが・・・インターネットが普及して、業界の裏話なども出回るようになりましたよね。 昔からではありますが、某掲示板で「○○だけど質問ある?」というスレッドは昔から大人気です。 ニッチな職業の裏話や、業界の謎みたいなものにも興味があります。 最近は、YouTubeの「アシタノワダイ」さんというYouTuberさんの動画を見るのが好きです。 最初は眉唾で見ていたのですが、よく知る業界の闇が取り上げられたときに、「あ、すべて事実を言っているな」ということが何度かあったので、信憑性があるチャンネルだなぁと思いました。 都市伝説や陰謀論、業界の裏話などで「この人のYouTubeや書籍は面白い!」というのがあったらぜひ教えていただけたらと思います。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    山野華
    メール
  2. 9/11 (月) 21:15

    あんたらそれは嫌がらせよ。

    こんにちは、山野です。 姪っ子がお友達を数人連れてきたのですが、ひとりは見たことのない子。 他のグループから抜けてきた子だそうですが、(女の子あるある。女の子はグループがかなりがっちり決まっていて、グループのメンバーじゃない女の子とは積極的に交流を持たなかったりします)見てるとその子が何となく居づらそう。 叔母ちゃんの余計なお節介と思いつつ、耳ダンボで話を盗み聞いていると、その子がグループに入る前にみんなで遊びに行った時の話などをしているではありませんか。 「その子が遊びに行ってない時のことを今あえて話すなんて、あんたらそれは嫌がらせよ。そんなことをするのであれば、私はもう遊びに連れて行かないからね」 と言えば、彼女たちの一部は無意識にその話題を出してしまっていたようで、「それもそうだよね、ごめん」と例の子に謝っていました。 姪っ子の友達が帰宅した後で、姪っ子から 「さすがにあれはちょっとまずいと思ってたんだよね」 と言われました。それから、 「あの子のことを気に入らない子もいるんだよね・・・新しくグループに入ってきたから」 とも言いました。 私は、「海(姪っ子)はあの子のこと気に入らない?グループ変えるのって悪いことだと思う?」と聞けば、「あの子が元々いたグループは嫌いだけど、あの子は良い子だよ。むしろ、あのグループ抜ける勇気があってすごいと思う」とのことです。 それを聞いて私はちょっとホッとしました。 「華ちゃんじゃなくて、私が言わなきゃいけなかったのにね」と、姪っ子は自嘲気味に笑います。 「そういうこともあるよ、まぁあまりいいことではないけどね。本人が気にしていなかったら、重ねて謝るのも蒸し返しているみたいで嫌な気持ちにさせるからほどほどにね」 と言えば、「わかった」と小さな声で呟く姪っ子。 この「特定の人にだけわからない話題を話してその人に疎外感を与える」っていうのは、大人でもよくある嫌がらせなので、大人でも子供でも嫌がらせの方法や思考パターンってあまり変わらないのね・・・と少し驚きました。 あるいは、子供も良くも悪くも少しずつ大人になっている証拠なのかもしれませんね。 子供の成長から、私も良くも悪くも目を離せないな、と思う出来事でした。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    山野華
    メール
  3. 9/10 (日) 15:54

    好きなTV番組「ドキュメント72時間」

    こんにちは、山野です。 私は、あまりTVは好きな方ではないのですが、NHKさんの「ドキュメント72時間」という番組は大好きです。 特定のお店に72時間張り込み、その店に来たお客さんと世間話するというスタイルの番組です。 イヤホン専門店、おつまみ専門店、ファーストフード自販機専門店、博物館など…ニッチなお店にどのような理由でお客さんとしてやってくるのか? ただなんとなく来ているお客さん、仕事絡みの用事のお客さん、自分の価値観にマッチするから来ているお客さん、思い出の場所だから… お客さん一人ひとりの価値観と今までの人生が垣間見える瞬間。 それが平凡でも、不器用なものでも、じんわり共感できて、ほんのり愛おしい。 ニッチな場所に現れる人でも、変わった人ではなく本当に普通の人なんだな、と思わずにはいられないそのギャップ。 ある程度歳を重ねたからこそ分かる不器用な生き方と哀愁。 見知らぬ土地の、見知らぬ人へ寄せるほんの少しの気持ち。 観光ツアーでちょっと仲良くなった人へ向けるような気持ちが湧いてくるような、不思議な感覚。 それらを感じられるから、私はこの番組が好きです。

    山野華
    メール
  4. 9/8 (金) 19:18

    韓国漫画が面白い

    こんばんは、山野です。 実は、某漫画アプリで漫画を読むことにハマっていますが、韓国漫画が面白いです。 イラストは綺麗で日本人好み、日本の漫画だと言われれば知らない人は騙されてしまいそうです。 内容は、日本でもありがちのものだと中世ヨーロッパ貴族社会を舞台にしたものが多いですね。 それから中国や朝鮮の宮廷モノや、現代の若者が外見をメイクや整形で変えていくようなお話が多いですね(これはお国柄かな?) 漫画そのものはそれなりの面白さなんですが、私が面白いなと思うのは、日本語への翻訳の際の言葉のチョイスが古かったり、登場人物を日本人の名前にしてさも日本が舞台のような雰囲気を作っているにも関わらず、よく主人公がトッポギ専門店で食事をしていて「日本にはこんな当たり前のようにトッポギ専門店なんてないよ!!」と突っ込まずにはいられない所です。 ちょっと楽しみ方が違うような気もしますが、一見日本の漫画か韓国の漫画か区別がつかないような漫画のふとした瞬間に、両国のギャップみたいなものが垣間見えるのがとても楽しいのだと思います。 無料で読める漫画が多いので、漫画好きな方にはおすすめです。 また、既に読んでいらっしゃる方は、おすすめの作品を教えていただけると嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    山野華
    メール
  5. 9/5 (火) 19:50

    文章というのは、癖が出るものですね。

    こんばんは、山野です。 突然ですが、文章って「あ、これ○○さんが書いたものだ」とわかることってあるでしょうか? 好きなコラムニストさんの文章、筆者不祥だけれどこれは同僚の書いた文章だ(笑) この荒らし、ID変わっているけど口調が一緒だなぁ・・・ などなど、同一人物が書いた文章というのはわかるものですよね。 実はこれ、チャットでも一緒なんですよね。 お相手がお名前を変えたり、アカウントを作り直しても気付いてしまうので、 「よくわかったね!?」 と言われることも・・・。 特にチャットだと、ただただ並べられた文章と違って、返事が来るスピード感やこちらの発言に対する返し方など、お互いがタイピングだったとしても、情報がとても多いんです。 それから、昔の話をすると、昔「メル友募集掲示板」なるものがありましたよね。 捨てアドを貼り付けて「こんな人連絡してね」と書き込む専用の掲示板です。 そこでも、書き込んでいるハンドルネームやメールアドレスが違っても、「またあの人の書き込みだ」とわかってしまいますし、その掲示板からメールのやり取りをしたものの、一度こじれて疎遠にした相手がまた「はじめまして!掲示板見ました。お友達になってください」なんてメールを送ってきても、やはり何となくわかってしまいます。 文章というのは、本当に不思議だと思います。 どんなに取り繕っても、その人が書いたものだとわかってしまう。 私は、難しい言葉を使っていないのに知性を感じてやまない文章が好きです。 それこそ、小学生が理解できるレベルの言葉しか使っていないのに、「この人の知性はすごい」と思わずにはいられない方もいらっしゃいます。 文章を書いた本人の頭が小学生レベルなのと、本当はとても頭が良いのにあえて小学生レベルの語彙を使っているのとでは雲泥の差ですね。 おそらく、パンケーキしか作ることのできない人の作ったパンケーキと、何でも作ることができる人があえて作ったパンケーキ、くらいの差がありますね。 シンプルだけれど、綺麗にまとまっていて、雑味がない。そんな印象です。 難しい言葉やカタカナ語の多用は、読み手のことを思いやるのではなく、自分の知識をひけらかす、または読み手に対するマウントなど、一種の攻撃性を感じますね。 ただ汚い言葉や暴言を吐くのとはまた違った、巧妙で陰湿な攻撃性。 どこかで私が書いたと思われる文章を見つけたら、私のことを思い出していただけたらなぁと思います。 そこまで特徴のある文章を書けるように精進していきたいです。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    山野華
    メール
  6. 9/4 (月) 14:48

    モノを買うとき「えっ!?」と思うこと。

    こんにちは、山野です。 モノを買うとき「えっ!?」と思うこと。 ペットボトル飲料は、ラベルレスボトルの方が高い場合があること。 シャンプーやボディソープ等は、ボトル入りを買うよりも詰替え用が割高なこと。 確かに消費者も、安いモノに飛びつくのはどうなのよと言われればそれまでかもしれません。 女子の間で大人気の、某大国の某有名アパレル通販メーカーは、洋服をありえないくらい安く売っていらっしゃいます。 ですが、それは人件費がタダ同然だからです。 人権侵害して作った洋服だと知っていても、お金のない人は買うしかありません。 お金に余裕がなくて何でも良いから安いモノをという気持ちもわかりますし、あえて消費者が意識を高く持って環境に悪いものや、人権侵害に関わっている品物への不買運動をして、劣悪な商品や企業が大きい顔をできなくするのもとても大事なことだと思います。 私は、自分ができる範囲で消費者として、社会的に正しい判断をして買い物できるようになりたいですね。 でも、ちょこっと本音を言うと、ラベルレスボトルや詰替え用はお安く売っていただきたい(笑) フードロス対策などで賞味期限が近い食べ物を安く売ることなんかはとても良いことですよね。(我が家の近所に賞味期限間近のものを80%OFFで売るお店があります) そういうちゃんとした理由があれば良いのですが、極端に安い、いや安すぎる品物は「どうして安いのか?」と一度考えたり調べる癖を付けたいと思います。 その安さがそれこそ本物の企業努力によるもの(大量生産、大量仕入れ、仲卸業者を挟まない、現金払いのみ等)だったら天晴としか言いようがありませんね。 すぐにその企業のファンになってしまいそうです。 もちろん私は他人の買い物には口を出すつもりはありませんが、知らない間に人権侵害に加担していたり悪い人達の資金源を提供していたりしてしまったら寝覚めが悪いので、自分は気を付けたいと思います。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

    山野華
    メール
  7. 9/3 (日) 14:06

    不幸なお裾分けの中には。※胸糞話ではないです

    皆さんこんにちは、山野です。 今朝、とある女性が我が家を訪ねてきました。 手には大袋。 その大袋を見て、とても嫌な予感がしました。 その女性は60歳前後の女性――私と同い年の女の子(同じ小中学校に通っていました)のお母さん。 女の子とは、家が隣の区画ということもあり、当時はそこそこ仲良くしていました。 高校が別々になってからは私が実家にいない時期があったり相手が実家から出て行ったりのすれ違い、いまだに女の子の方とは疎遠なのですが。 似たようなタイミングで、そのお宅と我が家は同じ犬種の犬を飼い始めて、お散歩で出かけるとお会いするので家族同士ちょっとだけ交流ができたのがここ10年ほどの話。 そんなお宅のお母さん(昔からおばさんと呼んでいるので、以下おばさん)が、ペットショップの大袋を持って、わざわざ我が家までやってきたわけです。 「うちの子が亡くなりました。どうかこれはお宅で使ってください」 大袋の中身は、ドッグフードやペットシートなど。 ほぼ手つかずのそれらを見て、「あぁ、いきなりワンちゃんとの別れがやってきたか、あるいは食欲がなくなって食べられなくなったんだろうな」と思いました。 どうやら、病気になってしまって、15歳で亡くなったそうです。気管虚脱だったようで、気管支がだんだん狭まっていき次第にご飯が食べられなくなってしまったのだとか。 「お宅の子に使ってもらえたら、うちの子も喜ぶと思うから」 と言われて渡された大袋の中身には、うちの犬に食べさせているのと同じドッグフードが入っていました。うちの犬も病気になり、病院で勧められたフードなのですが、それなりに高額なものなので、これはお返ししなければな、とショックを受けた頭でぼんやりと考えていると、 「お返しはいらないから。華ちゃん、小学生の時、うちの子供たちがハムスター飼いたいから見せてって言ったら、先に飼ってた華ちゃんは嫌な顔せずに見せてくれたり触らせてくれて、飼うことになった時は飼い方の本をくれたりしたでしょ。それに、先に華ちゃんのハムスターが亡くなった時にチップやフードをくれたよね?娘はお礼を言えない質の子だったけど、感謝してたのよ。もちろん私もね。今回のことは、あの時のお返しだと思って頂戴」 とおばさんはおっしゃいました。 そういえば、女の子がハムスターを見に来た時に、女の子の弟と妹を連れて、おばさんもうちに来ていたよなぁ・・・と昔のことを思い出しました。 「そんな昔のことを覚えていてくださって、とても嬉しいです。ですが、ハムスターと犬にかかる用品では、お値段にだいぶ格差があるのに申し訳ないですよ」 と私が言えば、 「これは私の気持ちの問題なの。あの時はハムスターが流行ってて、飼ってるお宅がこのへんでもたくさんあったのに、華ちゃんは持ってるものを全部うちにくれたでしょ。それがどれだけ嬉しかったことか。だから本当にお返しなんて考えないでね」 と返されてしまったので、これ以上は失礼だと思い、 「それでは【あの時のお礼として】ありがたく頂戴しますね、おばさんのお心遣いに感謝致します。うちの子もこちらのドックフードを食べさせているので、頂けてとても助かります。今までうちの子と仲良くしてくださってありがとうございました、ご近所なのでこれからもよろしくお願いします」 と、当たり障りのない言葉でお返しする気がないこと、犬同士の交流のお礼を述べました。 何が相手の地雷になるかわかりませんから、余計なことは言わないように・・・。 その答えに満足したように、おばさんは帰っていきました。 正直、おばさんは昔から淡々としたお方で、子供の頃から今まで「冷たそうな人だなぁ」という感想を持っていました。 性格が悪いわけではありませんが、表情があまり変わらず口数が少ない方といった印象です。 ちょっと、何を考えているのかわからないというか、怒っているのだろうかとこちらが構えてしまうような雰囲気を持つ女性でした。 ですが、私ですら忘れていたあんな昔のことを覚えていて(おそらく20年以上は経っているだろう出来事です)、それに対する感謝を持っていらしたなんて、それがおばさんのワンちゃんが亡くなったことによってようやく理解できるなんて・・・。 それが嬉しい、と言えば本当に不謹慎ですが、このことがなければ私はずっとおばさんを雰囲気通りの冷たい女性だと誤解したままだったかもしれません。 おばさんのワンちゃんが亡くなったことに対しては、私もとても悲しくてショックを受けています。が、ただただ悲しいというだけの出来事にならなかったことが救いです。 一見悲しい出来事の中に、とても心が温まる事が隠されている時もあります。 そんなお話。

    山野華
    メール
  8. 9/2 (土) 14:07

    ~~してあげたい、という傲慢。

    皆さんこんにちは、山野です。 自戒を含めて書きますが、私は~~してあげたい、~~してあげる、 という言葉が嫌いです。 (文脈や文法的にこれが適切という場合は除いて、ですが) 「私はあなたに~~してあげるんだから、嬉しいでしょう?感謝しなさいよ!!」みたいなニュアンスで伝わってしまうからです。 (もちろん、そういう風に取らない場合もあります。それは相手との関係性や会話のニュアンスによるところが大きいのですが) もちろん、発言している人はそこまで考えて言っていないパターンが多いです。 例えば、相手のために何かをしようと申し出るときなんかは、 「私はあなたに~~したいと思うけど、必要??」 と聞くと、「じゃあお願いします」となることが多いですが。 相手の事情も鑑みずに、「~~してあげる」と言うと、 「いや、別に頼んでねーし。何でそんなに上から目線なんよ?」 と思われることもあります。 実際そういう風に言い返す現場も見たことがありますしね。 女性がクリエイターの動画やウェブサイトなんかだと、男性が「○○(性的なこと)してあげたい」なんて書き込みしている場面に遭遇しますが、「いやいや、普通に嫌だっつーの。なんでそんなに上から目線なんだ?あんたがしたいからって、相手はしてほしいわけないだろうに」と思っていると、案の定その書き込みが削除されていたりします。 発言する人間のあまり褒められたものではない気持ち(必要以上に感謝されたい、自分が人格者だと思い込みたい、相手よりも上に立ちたい、相手が求めていると決めつけ、自分の欲望を満たしたい)での~~してあげたい、は他人を巻き込んだ自慰に過ぎないので、巻き込まれた方は迷惑な、性的なことが絡めば気持ち悪いことこの上ないでしょう。 などとボロクソに言いましたが、相手に対して何かしたいと思うこと自体はとても素晴らしいことだと思いますし、たとえ偽善でも、その行動によって救われる人も多いのではないかと感じます。 ただ、表現の仕方がいただけないのは非常にもったいないなぁ、と思います。 親がそういう発言が多かった家庭は、悪気なくその言葉を口にしている場合がありますね。 私はよく、親から「店員さんにレジでお金を渡すときは、投げたりせずに丁寧に渡してあげてね」と言われていました。 親が言いたいこともよくわかるのですが、ナチュラルに店員さんを見下していると言われてしまえば認めざるを得ません。 それから、ペットや作物に対してお水をあげてね、日陰を作ってあげてね、なんて言う癖をそのまま人間にも言ってしまったりするパターンですね。 これもまったく悪気がないので誰かを不快にするなんて夢にも思わなそうです。 儘あることですが、丁寧に言ったり相手を気遣って言ったつもりが、相手の気に障ったり却って失礼な物言いになってしまっていたり、そういうことが増えると「もっと淡々とした会話でも良いのではないか」と思ってしまうこともあります。 昔、メルカリでモノを売った時に「ご購入さしていただきましたぁ!!」というメッセージが来た時に、「普通に、買わせてもらいました、で良いのに・・・」なんてギョッとしたこともありました。 これも自戒のつもりで書きますが、人から善人だと思われたいだとか、頭が良く見られたいだとか、そういう気持ちと自分の知能が釣り合っていないと滑ってしまうな、と思いました。 私にとっては、そのいい例が「~~してあげる」なのかもしれませんね。 上から目線にならず、相手のために何かをしようと申し出るというのはとても難しいな、と感じました。 自分のボキャブラリーのなさも何とかしたいと思う次第です。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    山野華
    メール
  9. 9/1 (金) 13:30

    ラジオ体操に駆り出される子供たちと、それを見守る大人たち。

    皆さんお久しぶりです、山野です。 8月はなかなか来れませんでしたし、ブログも更新できなかったので、8月の出来事を少しずつ、ブログに書いていきたいと思います。 皆さんが子供の頃は、夏休みに公園や公民館などの広場に集まってラジオ体操をする習慣はありましたか? 私が子供の頃はありました。そして今でもあります。 うちの姪っ子の海ちゃんは、夏休みが始まる前に、学年が上がって人前で見本としてラジオ体操しなければならないことを「ラジオ体操恥ずかしい」と言っておりました。 私の母(海ちゃんの祖母)は、「なーにが恥ずかしいのよッ!普通にやりゃーいいでしょ?」と激強メンタルでアドバイスになってないアドバイスを送ります。 海ちゃんは、「華ちゃんの時もあったんでしょ?どうだった?やっぱり恥ずかしかった?」と聞いてきます。 私は「全然恥ずかしくないわ、むしろモジモジしたり、恥ずかしがって小さくなっている方が恥ずかしいって雰囲気だったわ」と言えば、「えぇ!?」とマスオさん並みの声の裏返りを披露する海ちゃん。 「あのね、ラジオ体操って、小学校に上がってない子やラジオ体操さぼり気味の子の親御さん、近所のご老体が来るでしょ。結構大人が多いと思うのよ。だから堂々と、はっきりと体操した方が大人は【あの子はちゃんとしている】って思うし、ちゃんとしている子を【やる気満々で恥ずかしい】って冷やかしている子の方が【恥ずかしい子】だと感じるだろうし、そういう子を諫める方だっていらっしゃると思うの。だから、お祖母ちゃんのアドバイスは雑だけど、間違ってないの」 と私が言えば、「確かに○○君ちは小さい弟がいるから、お父さんがいつも一緒に来てるなぁ。近所の△△さんも、子供いないけど一緒に踊ってるし(?)、大人多いよね。あ、うちも華ちゃんかお祖母ちゃんが雪ちゃん(海ちゃんの妹)連れて来てるから、うちもか」と妙に納得する海ちゃん。 すると、「そうよォ~、下手っぴな方が恥ずかしいわよ海ィ!私が指導してあげる!!」と母に強制的にラジオ体操の練習をさせられている海ちゃん。 母がああなると長い。 私も巻き込まれかねないので、そっとその場から消えました。 恐らく、海ちゃんの不安は「見本として前に出るも、ギャラリーに冷やかされるのが嫌なのだ」と予想した私はあんなアドバイスをしましたが、当たっていたようです。 そもそもですが、冷やかす人は元々やる気がない人で、本気でやらないから暇で暇でしょうがなくて人のあら捜しをしている相手にする価値もない人間です。 そんな人間は、下手な人ややる気のない人を「やる気あるのか、体操の才能ない、人前でやる価値のないモン見せるな」などと言い、上手な人ややる気のある人を「こんなんでやる気出してダサい奴、1円の得にもならないのに、良い子ぶってる」と揶揄する、糞しょうもないダブスタ人間です。 ・・・と、これは海ちゃんには言いませんでしたが。 彼女は毎日ラジオ体操に参加し、皆の見本として前で体操していました。 時々、人を冷やかす癖のある子だ、と聞いていた子たちがコソコソしていた時は、私と母が雪ちゃんを連れて前の方に行きわざと大袈裟に体操して見せ、牽制したりもしていました。 その甲斐あってか、ご近所さんから「海ちゃんは堂々としてて偉いね」と言っていただけたようで、海ちゃんはちょっと図太・・・大人になったようです。 そんな彼女を見てご満悦な母。 いや、いかなる人もあんたほどの図太い人間になる道のりは遠いと思うよ・・・! なんて思いながら、最終日のラジオ体操を終えたのでした。 そんなお話。

    山野華
    メール
  10. 8/11 (金) 13:19

    読書感想文~小学生の時の思い出

    皆さんこんにちは、華です。 私が小学生の時の話ですが、夏休みの宿題に読書感想文というものがありました。 そこで、私の記憶の中で最も残っている本をご紹介したいと思います。 題名は【七つの怖い扉】です。 なぜこの本か?というと、オカルトに傾倒していた私は、夏休み前に本のカタログが配られるのですが、その中にあったオカルト本に飛びついたからです。 そして、決定打はリングの作者鈴木光司氏の作品が含まれていること。 本のカタログには封筒が挟まれており、その封筒に欲しい本を記入しその本の代金を入れて担任に渡せば、夏休み前にその本が手元に届くシステムです。 当時はAmazonなどまったく流行ってなく、かと言って書店で本を買うのも慣れていなかった年頃です。 母にお願いしてお金をもらって、そのシステムを利用しておりました。 【七つの怖い扉】は「ねえ、私、生まれてから一度も“怖い”と思ったことがないの。あなたのお話で、私に“怖い”ってどんなものか教えて下さいな」というコンセプトからなる、複数の作家さんの短編集です。 ●阿刀田高  「迷路」 ●宮部みゆき 「布団部屋」 ●高橋克彦  「母の死んだ家」 ●鈴木光司  「空に浮かぶ棺」※リング外伝 ●乃南アサ  「夕がすみ」 ●夢枕獏   「安義橋の鬼,人を喰らふ語(こと)」 ●小池真理子 「康介の背中」 ※敬称略、1988年出版 読書をされる方ならば、大物揃いなのがわかるのではないか?と思います。 私が読んだのは10歳の頃でしたが、怖さよりもアダルティ―さが勝っているな、と感じました。 主人公が愛人だったりするお話があったこともそうですが、今で言う「ヒトコワ(幽霊ではなく人間が怖い)」要素が感じられたからでしょうか。 私が思っていた【怖さ】とは全然違う作品ばかりでしたが、【怖さ】にはいろいろなベクトルがあるのだと私はこの時初めて知ったのでした。 子供の頃に読んだ本で、印象に残っている本はありますか? あったら、ぜひ教えていただきたいです。

    山野華
    メール
  11. 8/8 (火) 21:43

    不人気なぬいぐるみ。

    皆さんこんばんは、華です。 今日は、お友達からぬいぐるみをプレゼントされました。 ラブカという深海魚というか、鮫というかを模したぬいぐるみです。 それが、かなり凝ったデザインでビックリしてしまいました! が、なかなか気味が悪い存在のようです。 下の姪っ子雪ちゃんは「うわあぁああああぁ!!!!」と泣き出しますし、ワンコは猫に威嚇された時のように身構えます。 毎度おなじみ海ちゃんも「うわっ・・・なんでよりによってコイツなの??センス悪すぎ」とドン引き、母は「可愛くないね」と通常運転の模様。 私はなかなか可愛らしいなと・・・いや、可愛らしいというのとはまたちょっと違うのかもしれません。 が、再現度が高いことやニッチな生物というところが面白いなと思って気に入っています。 キャラクターのぬいぐるみは何だかブームが去ったら可愛がられなくなってしまいそうですしね。ショッピングモールのUFOキャッチャーなんかが視界に入ると、「流行りもの多いな・・・ブームが去ったらどういう扱い受けるんだろう?」なんて考えたりもしますね。 (ブームが去ってからもキャラクターのぬいぐるみを可愛がってられる方がいらっしゃったら申し訳ありません) 年甲斐もなく、ぬいぐるみで心が躍る自分に少し驚いていますし、喜ぶポイントがちょっと家族とズレてるな、なんて感じてもいます。 次はダイオウグソクムシのぬいぐるみなんかもゲットして、ラブカさんと並べて置きたいな・・・なんて考えています。 ちなみに、私が子供の頃家にあったぬいぐるみは、にこにこぷんと笑うセールスマンです。 変わったぬいぐるみを持っていらっしゃる、または贈ったことのある紳士は、ぜひ教えてくださると嬉しいです。

    山野華
    メール
  12. 8/7 (月) 23:06

    突然楽天さんからのハガキ。

    皆さんこんばんは、華です。 突然、【重要】楽天市場より なんてハガキが来て、私は何も悪いことしてないぞとビックリして開けてみたら、要約すると「最近ウチで買い物してないよね??5000円買い物したら1000円引いてあげるよ、どう??」といった内容のハガキでした。 最近は何でもかんでもインターネット上で完結することが多く、クレジットカード明細などもアプリやEメールだったりしますし、日本年金機構なんかもウェブ登録を済ませてあります。 そんな時代に、ハガキが送られてくると「ドキッ!!」としますね。 楽天さんなら、私のEメールアドレスご存知だろうに・・・。 実は以前通っていた美容室も、誕生日を祝うものやクーポンなどを、ホットペッパービューティーやライン経由で連絡を取り合えるのに、あえてハガキを送ってくださっていました。 ハガキって今の時代だからこそ、なかなかインパクトが出てくるものだなぁと思いました。 Eメールだと、アプリの通知に削除ボタンがあるので、受け取っても読むのが面倒だなと思うと削除ボタンを押してしまったり、他のメールに埋もれてしまって全然読めていない場合も多いです。 あくまでズボラな私の場合ですが・・・。 しかし、ハガキは捨てない限り手元に残り続けます。 捨てるときも、自分の個人情報の部分を塗りつぶすなりシュレッダーにかけるなりするので、そこそこの労力が必要です。 そして、私は楽天さんという存在を忘れていたので、楽天さんの戦略にまんまとハマってしまい、サイトにアクセスしてしまうのでした・・・。 (ちなみに、これを買いたいというのはまだ見つかってません^^;) しかしながら例外?もあり、我が家の年寄りのもとには「最近サプリ買ってないね?セール中だから買ってね!!」のハガキが送られてきますが、これらの企業はテレビコマーシャル、電話注文といった具合に注文を取っております。個人への営業は固定電話への電話かハガキ。返信ハガキが注文書になっているパターンが多いですね。 ネットやスマホに疎い、もしくは昔ニッセンさんやセシールさんのカタログについていたハガキから注文していた世代にはこのようなアナログが良いのかもしれません。 こういう古の営業方法をメインとして取っておられる会社さんも、まだまだご健在です。 若い方の中にも紙媒体でないと内容が頭にはいってこないという方もいらっしゃいます。コスパが悪いと切り捨てられずに紙媒体のサービスやコミュニケーションが生き残ることを願います。 現実的ではありませんが、いつも仲良くしてくださっている男性会員様にお手紙を書いてみたいなぁと思うこともあります。 どうせメールとあまり変わらない内容にはなるかと思いますが・・・どんな便箋なのか、どんな字を書くのか?など、メールでは伝わらないような情報がたくさん詰まったお手紙になるのではないかな?と思います。 (大雑把な方は、誤字を修正液で直したり、ぐちゃっとなった便箋を使ったりもありそうですね) 今の奥様、もしくは昔の恋人からのお手紙を大事に取っていらっしゃるノスタルジック紳士の皆様からのご意見をお待ちしております♪

    山野華
    メール
  13. 8/5 (土) 20:19

    フクロモモンガを飼うオヤジ

    皆さんこんばんは、華です。 先日、男性会員様からのブログのリクエストにお応えしたところ、「自分のことも書いて欲しい!」という紳士の方がいらしたので、彼について書いていきたいと思います。 男性会員S様は、自称【フクロモモンガを飼うオヤジ】です。 チャットの時によくカメラでフクロモモンガの女の子たちを映してくださいます。 このモモンガちゃんたちがふわふわでお目目が大きくてとっても可愛い! S様の体をジャングルジムかのように縦横無尽に駆け巡るその姿は…ナウシカのキツネリスのようです。 愛用の寝袋はド派手なヒョウ柄で…やっぱり大阪の方ってヒョウ柄が好きなのかな?なんて考えずにはいられません(^.^) S様は、最初は「プロフィールが丁寧で気になったので…」と来てくださりました。 しばらくはお互い当たり障りのないお話をしていましたが、今では言えないことはないのではないかと思うほど、何でもお話できる方です。 時々悪ノリすると、「オヤジをディスるのはやめれw」と言われてしまうことも( ; ゚Д゚) S様いつもありがとうございます。 チャットのユーザー様として、ブログの読者様としてあなたの存在が励みになっております。 これからも末永くよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

    山野華
    メール
  14. 8/4 (金) 20:32

    メールやブログのいいねの使い方。

    皆さんこんばんは、華です。 「こういうことをブログに書いてください!」というリクエストがあったので、今日は【メールやブログのいいねの使い方】について、私なりの見解を述べていきたいと思います。 ※これはあくまで私の考え方なので、全ての女性パフォーマーさんに当てはまるわけではありません。あくまで【こういうことを考える人がいるんだな】と参考にしていただければ幸いです。 質問:メールのラリーをある程度してからチャットをしたい派ですが、女性からの返信があまり来ません。どうしたらいいですか? 答え:冷やかしだと思われないメールを送りましょう。 「素敵ですね」「可愛らしいです」「色っぽいですね」「気になってます」なんてメールを送っていませんか?これ、誰にでも送っているのではないか?なんて思われてしまいます。 それから、「アダルトする人??」「胸元が気になってます」・・・これは、女性の方でNGワード設定されているとそもそも届いていないかもしれませんね(;´・ω・) あなたがどういう人間で、女性のどういう所に惹かれたかを書けば返信率は上がるかと思います。 例えば、「○○さんはじめまして。福岡出身東京在住の45歳既婚男性です。BBチャットで1か月に数回アクセスしていて、仲良しさん募集中です。○○さんが福岡在住で、ブログなどからも福岡色が出ているので、とても気になっています。同郷ネタでお話できたらと思います。いきなりチャットは緊張するので、少しメールにお付き合いいただけたら嬉しいです。」といった具合でしょうか?? 正直ここまでのメールをひとりの女性に書くのは面倒かもしれません。 ですが、少なくともブロック+即削除という扱いは受けないのではないかと思います。 思うに、ネット上だからといって気が大きくなっていらっしゃるのか、人間を相手にしているという気持ちが希薄になっていらっしゃるのか、あまり褒められたものではないメールの内容が多いのもまた事実です。 これは私の判断基準ですが、【通行人やお店の女性店員に言ってもセーフな言葉遣いや内容】かどうかをメールを送る前に確認していただけたらと思います。 ですが、100%返信が来るかは保証できません。 「メールよりもチャットに来て!」と思う女性もいらっしゃるでしょうし、冷やかしメールに埋もれていて見落とされているかもしれません。 男性会員様の中には、「あなたにメールをしても、あなたには1円も入らないから申し訳なくてとてもメールなんてできない」という紳士もいらっしゃいます。そういった仲良しさんがいらっしゃる女性は、メールにあまり重きを置いていない可能性すらあります。 次の質問:ブログのいいね は嬉しいですか?迷惑ですか? 答え:いいねをくださった男性会員様との関係によりけりです。 個人的には、いいねの数が欲しくてブログを書いているわけではなく、私個人の考え方を気に入ってくださる方の目に留まることや、既に仲良しの会員様との話のネタにするために書いております。 ※もし私がなりふり構わずいいねが大量に欲しくて、他の女性といいねの数を競っているのであれば、卑猥な内容や際どい写真をアップするかと思います。 いいねを押さない奥ゆかしい読者様(?)もいらっしゃって、でもブログを非常に細かく読んでくださっていて、チャットの際に「ブログ良かったよ~」なんて言ってくださる方に非常に好感を持ちますね。 なので、別にいいねを押していただかなくても私は構いませんね。 また、週に何回もチャットに通ってくださる会員様は、毎回1番にいいねを押してくださり感想を教えてくださって、それがもう生活の一部になっております。 ここまで来ると嬉しいとかありがたいを通り越して、習慣ですね(笑) 逆に、迷惑だなと感じることは特にありませんが(卑猥なコメントや誹謗中傷を入力できるわけではないので・・・)女性によっては、チャットをしたことない(もしくは昔に少しだけチャットをしたことがある)会員様から毎回いいねが押されていると、粘着されているような気持ちになるかもしれません。 【あなたに使うポイントはないけれど、こちらのことはちゃんと忘れずに気にかけていて欲しい】なんて言われている気がします。その女性とあまり親しくなかったり、疎遠になりつつあるのであれば、いいねはしない方が無難なのではないかと思います。 メールとブログのいいね両方に言えることなのですが、あくまでチャットをアシストするツールですので、メインとなるのはやはりチャットであると言わざるを得ません。 色々考えるよりも、1分でもチャットに入って挨拶してあげたほうが喜ばれるし、短時間だけど挨拶に来ましたと言える男性の方がスマートだなとは感じます。 ちなみに・・・BBチャットの女性に送るメールではありませんが、女性に送るメールを添削したことがあります(笑) こういう時に、「こういう理由でこうした方が良いですよ」というアドバイスをサッと飲み込める男性の方がお目当ての女性と仲良くなれることが多いなぁ・・・と感じます。 まさかこんな形で赤ペン先生のようになるなんて思っていませんでした( *´艸`) 赤ペン先生ご存知の方はいらっしゃいますか??

    山野華
    メール
  15. 7/28 (金) 0:12

    褒め言葉のバリエーション

    皆さんこんばんは、華です。 はじめてチャットをしてくださった方が、ブログを読んでくださっていると嬉しいものですね。 さてさて、今日のテーマは「褒め言葉」について。 姪っ子海ちゃんが、「近所のおばあちゃんから、利発そうな子だねって言われたけど・・・これって褒めてるんだよね?頭良さそうってこと?」と聞いてきました。 「そう、利発っていうのは頭が良いとか、賢いっていう意味よ。やったじゃないの」と夕飯の唐揚げを上げながら私は返します。 「えーそれって褒めてるの?ブスだから他に褒める所が無くて言ったんじゃないの??」とちょっと不服そうな海ちゃん。 「そんなことはないでしょ。あんたは適度に顔のパーツが寄ってるし、相手にちゃんと目を合わせることができるから知的に見えてるんだと思うわ。私だったら可愛いと言われるよりも、知的だと言われる方が嬉しいけどね」と答えれば、嬉しそうに「そうかな」と呟く海ちゃん。 「私の経験上、ブスな人への褒め言葉は【優しそうだね】だなぁと思うわ。あと、取り柄がない人は【真面目そう】かしらね」なんて言えば、海ちゃんは「人を褒めるときって、どうすればいいの?」なんて聞いてきます。 「私は・・・自分の主観ではこう思ってますよ、内面も含めてそういうあなたが素敵ですよ、っていうスタンスで褒めるかな。例えば海、あんたはただ可愛いねって言われるのと、いつもあんたに似合ってる服を着ていてとても可愛いと思うわ、私はあんたのセンス好きよ、って言われるのどっちが嬉しい??」と問えば、照れくさそうに「後の方かな」と彼女は言います。 「それに、ただ可愛いねって言われると、相手が女の子にちょっかい掛けるのが好きな男の子だったら『見た目だけしか見てないのかなこの人』とか『女には皆可愛いって言っておけば喜ぶとでも?舐められたもんね』って思っちゃうし、明らかに自分より可愛い女の子に言われたら『別に可愛くはないんだけど・・・嫌味かしら?』なんて思っちゃう場合もあるでしょ?」と言えば深く同意する海ちゃん。 「人を褒めるのって大変なんだね」と考える彼女に、「まぁ、そう思うなら褒めないのも手だと思う。芸能人の○○さんに似てますね!って褒めたつもりでも、相手が○○さん嫌いだったら嬉しくないだろうしねぇ。あと、さっき言ったこととちょっと被るけど相手を馬鹿にする為に褒める人種もいるから、嫌味のつもりで受け取る人だっている。それから、相手を褒めて良い気分にして操ろうとする怖~い人もいるからねぇ。そんな奴らの魂胆を見抜くことも身に付けなさい」なんて言ってたら、母がやってきました。 「華~唐揚げのいい匂いが外まで匂ってきてたわよ~」とニマニマしながら来たので、タダで食わせるわけにはいくまい、何か労働させてやろうと「おばあちゃん、野菜室に大きいレタスがあるからそれメインでサラダ作ってくれる?」と私は言います。 「え~メンドクサっ、あんたやってよ~」という母に対して、私は「おばあちゃんが切るのが一番上手だと思うわ。私は野菜のように歪な形状のものを切るのは下手なの。海だって、おばあちゃんが切った綺麗な野菜のサラダ食べたいでしょう?」と言えば、私の意図を理解した海は「うん!!おばあちゃんのサラダ食べたいよー、お願い!!」とニヤリと笑います。 それに気分をよくした母は、「んもう~!!甘ったれねあんた達!!しょうがないから作ってやるわ~」と冷蔵庫へドスドス歩み寄ります。 そんな母を尻目に、私たちは目を合わせてほくそ笑みます。 あ、余談ですが、【いい人】って言葉、私は【都合の良い人】か【どうでもいい人】で使われることが多いな~と思います。時々、【見た目に反して親切な人】という意味でも使われることもありますが、あまり良い言葉ではないな~と思っております。 言われて嬉しかった褒め言葉、微妙な褒め言葉、ぜひ教えてくださいね。

    山野華
    メール
  16. 7/24 (月) 22:00

    自分も含めて人間はメンヘラだと思って生きる。

    皆さんこんばんは、華です。 暑くて体調が優れないのと、私の生活パターンだと月末が忙しくなることもあって、毎日チャットができない日がちらほら・・・。 人間誰しも、いつでも絶好調といけばいいですが、なかなかそうもいかないものですね。 皆さんは「メンヘラ」という言葉をご存知でしょうか。 何らかの精神疾患を抱えている人や、抱えていると思われる人を指すネットスラングですが、医学的な病名というわけではなく、「あの人病んでるよね」みたいなニュアンスで話すときに「あの人メンヘラだよね」みたいな感じで使われる言葉ですね。 客観的な事実なしに、個人の主観でジャッジしてこの言葉を使う場合が多いので、正直に言うと自分にとって都合の悪い人を悪く言うのにとても便利な言葉ではあります。 知人男性が、「自分はメンヘラに好かれててつらい」などと私に言ってきました。 また、「山野さんはメンヘラとは程遠いところにいますよねwww」とおっしゃるわけです。 私は(この人何も分かってないな・・・)と思いながらため息をつきます。 「あなたは彼女がいるのに、必要以上に女性と連絡先を交換したり、彼女以外の女性と2人で飲みに行ったりするでしょう?それは女性は不安になるわ。その精神不安定になった女性をメンヘラ呼ばわり?あなたが不誠実なだけですよ。それを【病的に女性に溺愛されている自分】という自虐風自慢みたくおっしゃるのはいかがなものかと思いますよ」 私は彼の彼女と知り合いなので、思わずきつく言ってしまいました。 彼は、彼女の前で他の女性と親しげに話したりをわざとやっているのを見かけるからです。 すると、彼はまさか私が毒づくと思わなかったのか、ポカーンとしています。 「それから、私がメンヘラと程遠いと本気でお思いで?女性はPMSなんかや、あなたのような不誠実な男性とお付き合いして病んでしまったりで多少の差はあれどみんなメンヘラな部分は持っているんですよ。訳もなく急にイライラしたり死にたくなったりすることだってあります。私はそうなった時に、人前に出ないように人と連絡を取らないように気を付けているだけです」 なーんて言えば、「やっぱり女は皆メンヘラなんですね」というカチンとくる答えが返ってきました。 「そもそも、恋人の嫉妬心を煽って喜んでいるあなたのほうが私から見たら立派な【メンヘラ】ですよ。恋人を嫉妬させることでしか愛されていると実感できないその思考回路が【病んでいる】と思います」 と言い返せば、「あーもうわかりましたよ!!」と顔を真っ赤にして去る男性。 正直、どうしてこんな男性とお付き合いしているんだろう?と彼女のことを考えますが、彼女には彼女の価値観があり人生があります。 モテる男性が好きな女性もいますし、夜の相性が良くてその時に限ってはお相手の人間性が気にならないなんてこともあります。 ただ、時折切なそうな表情を浮かべる彼女のことを思うと、彼にほんのちょっと牙を剥いてやろう、という出来心が湧いてしまいました。 人間誰しも精神的に不安定になることがありますよね。 現代社会において恋愛やホルモンバランスの変化、病気や不景気、人間関係など人間が病む要素はいくらでも存在します。 それを鬼の首を取ったように「メンヘラ」と捲し立てるのはあまりにも醜いことだと思います。 大事な方が、そんな状態になった際にはできる限りのことですが、何かできたらと思います。 それは、もちろんBBチャットで仲良くしてくださっている会員さんに対してもです!(^^)! しかし、「別れるなら自殺する」だとか「寂しくて可哀想な自分の浮気はノーカウント、相手の浮気は異性と喋ることから」という自己中心的な考えを拗らせた【メンヘラ】は、自分の思い通りに行かないと癇癪を起こす癖が抜けないまま大人になった子供です。 そういった方とは速やかに縁を切った方が身のためですね。 弱った人に対してネットスラングを言い放って切り捨てるのではなく、「娑婆はお互い大変なこともあるよね」と言い合える場所が増えると良いですね。

    山野華
    メール
  17. 7/22 (土) 20:06

    買い物が早いのはなぜ?→鉄の掟を守っているから。

    紳士の皆さんこんばんは、華です。 皆さんは、女性の買い物が長いと思ったことはありますか? 私は女性ながら、女性の買い物は長いと思っております。 ショッピングモールを1周してからまた気になるお店だけをもう1周とか、レストランに入って「これにする!」と決めたものの、「やっぱりこっちの方が美味しそうだから、店員さん呼ぶの待って」などと言われると、「今度は一人で来よう」となることが多いです。 私は自他共に認める「買い物が早い人」なのですが、「マイルール」に従って買い物をしております。 例えば、ショッピングモールに行っても、入るお店は5テナント。レストランで食事をする場合は、金欠ならば一番安いメニュー、お金に余裕があっていっぱい食べたいときは食べ放題のお店。どちらにも当てはまらない時は、朝家を出る前に米、麺、肉、魚からメインの食材を決める。 洋服はどんなに安くても好みでも、試着して似合わないなら、体型に合わないなら買わない。 予算オーバーなら見送り、セールの時に安くなっていたら購入する。 売り切れていれば、縁がなかったときっぱり諦める。 高校生くらいから、この鉄の掟を守りながら生きてきました(笑) ・・・実は、洋服のくだりは私の母のルールを丸パクリなのですが( *´艸`) こんな風に「マイルール」を定めているので、母を除く周囲の方々からは「息苦しい」「人間なんだから迷って当然」などとネガティブな意見を頂戴することが多いのですが、これはあくまで【自分を守ると確信しているから定めているもの】なんですよ。 チャットだと、「人間扱いされてないと感じたらチャットをお断りする」「お相手の嫌がりそうなことは強要しない(チャットの延長、顔出しなど)」「待ち合わせの時間厳守」「約束したことは必ず守る(衣装の着用など)」他にも細かいルールを作ってチャットに臨んでおります。 男性側だと、「1回のチャットは何分(何ポイント)まで」「チャット時間は家族が留守の時間」「特定の数名としかお話しない(1人切った/切れたら1人探す)」「同世代としかお話しない」などのルールを作れそうですね。 ※チャット前にメールを送るのをルーティーンにされている方もいらっしゃいますが、初見さんにメールを送る際は、「失礼だな」「冷やかしなの?」と思われないようにお気を付けくださいませ。 チャットスタイルが確立していらっしゃる方には、こちらも出来る範囲で合わせたいなと思いますし、「もう○○分経ったよ~バイバイ」と気持ちよく送り出せたりするものです。 それに、そういう男性を見ると「しっかりした男性だな」と好印象にもなりますしね。 「融通が利かない」「堅苦しい」などと言うお相手とは、距離を置いて全然OKだと思います。 すると、合うお相手だけが自分のもとに残るんですから。 時間やポイントを無駄遣いしなくて済むと思います。 紳士の皆さん、あなたの「鉄の掟」は何ですか?

    山野華
    メール
  18. 7/21 (金) 14:20

    続・去る者は追わない

    皆さんこんにちは、華です。 姪っ子海ちゃんが、「私○○ちゃん(転校していったお友達)と文通するのやめる!!」と言い出しました。 この間、私がそうして楽になるならそうしなさいと言いはしましたが、突然そう言うのでビックリしました。 というのも、私が住んでいる地域は、小学6年生になると近くの複数の小学校との交流会があるのです。 当時私は偶然学校を休んでいて参加できませんでしたが、私の小学生時代もありました。 目的は、彼らは皆同じ中学校に進学するので、小学生のうちから顔合わせをして慣らすといった所です。 そこで、どうも面白い子達と意気投合したようなのです。 そして、その子達とは同じ中学校になるので、中学生になるのが楽しみだ、と姪っ子はご機嫌です。 海「華ちゃんの言った通りになったよ~!あ、こういうのを年の功って言うんだっけ??」 華「難しい言葉を覚えていて語彙力があるのは結構なことよ。でも、私を年寄りみたく言わないで頂戴」 海「一応感謝してるし褒めてるもん・・・」 華「あのねぇ、表現の仕方で揉めることもあるのよ。おばあちゃんみたいになるわよ」 海「うぅ・・・そう言われると・・・言い返せない」 ※過去ブログ オカン「その服ピエロみたいwww」参照 そんな感じで、姪っ子の執着は別の子に移ったようなので、転校して疎遠になった○○ちゃんに対して何かを考えたりくよくよすることはなくなったようです。 そして、この話を聞いていたオカンにより 「私だって、子供が大きくなったらママ友と疎遠になったわよ!!でもしょーがないでしょ!!共通の話題やら会う機会がなくなった人間なんてそんなモンだわッ」 と言われた姪っ子が、 「あのねぇ、表現の仕方で揉めることもあるのよ」 と返していて、私は思わず苦笑いをしました。

    山野華
    メール
  19. 7/16 (日) 15:52

    去る者は追わない

    こんにちは!(^^)!華です。 最近はブログのネタがないのと、リアルが忙しかったのでブログをお休みしておりました。 姪っ子海ちゃんが、 「○○ちゃん(転校していったお友達)と文通してるじゃん?なかなか手紙が帰ってこなくなったっていうか・・・もう○○ちゃんとは友達じゃないのかなぁ?」 と、私に言ってきました。 私は、 「友達じゃなくなったと思った方が、あんたが楽ならそう思ってもいいんじゃない?無理に文通を続ける必要もないと思う。手紙を出すから返事を期待するんでしょう?」 と返せば、「冷たすぎるッ!!」とショックを受ける海ちゃん。 「あのね、自分の住んでるところや、生活環境が変われば人間関係も変わるものよ。●●ちゃんだって、クラスが分かれてから全然遊んでないじゃない?」 と言えば、 「確かに、●●ちゃんとは遊んでないなぁ。☆☆ちゃんの方が同じクラスだし面白いんだもん」 ☆☆ちゃんは私の先輩の娘さんで、度々ブログにも出てくるお友達です。 海「華ちゃんは、どういう時に友達やめる??」 華「そうね、まずは遊びの時に時間を守らないとか、ドタキャンが多いとか、相手を信用できなくなったときね。それから、価値観が大きくズレた時とか・・・?」 海「価値観がズレるって、どんな感じ??」 華「例えばだけど、私は若い頃ヴィジュアル系が好きだったのよ。だから、友達もそんな人が多かったわ。そういうアーティストのCDや、雑誌にお小遣いを全部使っちゃうくらいにハマってたし、友達もそうだった。けど、ヴィジュアル系にまったく興味がなくなっちゃってね。それからはもう、ヴィジュアル系が好きな友達とは遊ばなくなったなぁ。仲が悪くなったわけじゃないんだけどね」 海「ヴィジュアル系がよくわからない」 華「ジャニーズに置きかえて考えてみなさい」 海「なんとなくわかった気がする」 華「あとは、やっぱり上京していった友達とも疎遠になったよ。住んでいる場所が違うと、なかなか会えなくなるし、田舎暮らしと都会住まいでは、ご近所づきあいの仕方が全然違うから、考え方にズレが出てくるしねぇ」 海「なるほどね。悲しいとか寂しいとか思わなかった?」 華「そりゃあ思うこともあったよ。でもね、今の自分に合った新しい友達もできるから・・・その友達を大事にしたほうが良いと思うよ」 華「あんたももうすぐ中学生。新しい出会いがあって、新しい友達ができるでしょう。だから、今までの友達とずーっと仲良くする義務なんかないのよ。それに、一度切れたとしても、また繋がるご縁っていうのもあるしね」 海「どういうこと??」 華「☆☆ちゃんのお母さん・・・私の中学の時の先輩だけど、当時はお互い好きでも嫌いでもなくって、部活で会えば挨拶する程度だったのよ。そして、先輩が卒業していったときに『この人とは一生関わらないな』って思ってたんだけど・・・あんたを通じて先輩とまた出会って、今ではすごく親しい人のひとりになって。だから、縁が切れると思ったら、潔く切ってみるのも良いかもしれない。またどこかで繋がるかもしれないから。その時は、未来の自分にとって大事な人としてまた現れるかもしれないしね」 一度縁を切り。そして、その人に使っていた労力を違うところに使えば、新しい人との出会いや、新しい形で過去の人と出会えるかもしれません。 縁が切れそうな相手に必死にしがみついている時間と労力がもったいないと思うのです。 しがみつかれた相手も、良い気分はしないでしょうしね。 チャットもご縁だと思います。 お互いに、同じ時間にログインしているからこそ、チャットができるものです。 そして、お互いチャットする意思があるにもかかわらず、なかなかタイミングが合わないこともありますね。 もしくは片方がチャットに入れない事情があって、疎遠になる場合もあることかと思います。 また、「ちょっと合わないかも??」なんて思ってしまって足が遠のく場合もあることでしょう。 ですが、何かのきっかけで、「この時間には普段入らないけど、入ってみたら以前から気になっていた女性がいた」「合わないと思って疎遠になっていたけれど、他の女性とはもっと合わなくて、やっぱりあの女性が良かった」なんてこともあるかと思います。 はたまた、「メールがしつこいと思っていたけれど、来なくなったら寂しくて仕方がない」なんて思う方もいらっしゃるかもしれません(笑) 去る者を追うメリットがないので、私は基本去る者は追いません。 ですが、来るものも拒むこともあるので、仲の良い人はそこまで多くありません(笑) ただ、「うんうんそうだよね~」と相手の言うことになんでも同調し、上っ面だけの付き合いをすることだけはご免だと考えております。 (ただし、素でいても驚くほどに価値観がマッチする人が存在するというのもまた事実ですが) 毒にも薬にもならぬ人間関係はつまらないのです。 そして、私はお相手にも同じような考えを持っていらっしゃる方を望んでおります。 ですが、「去る者を追って見事に射止めたよ~」なんていう猛者ともお話がしてみたいですね。 また、「お相手が'去る'という駆け引きを仕掛けてきて、まんまと乗ってしまった・・・」というお話にもすごく興味があります。 あなたは「去る者」に対してはどのように振舞いますか?

    山野華
    メール
  20. 7/10 (月) 13:42

    夏休みこども科学電話相談

    こんにちは!(^^)!華です。 皆さんは、ラジオを聴いたりしますか? ラジオを付けている職場もありますよね。 昔、夏限定のアルバイトをしていた時、作業場でラジオが付いていたのですが、「夏休みこども科学電話相談」なる番組がありまして。 それが、すごく面白いなぁ・・・と思いながら聴いておりました。 女性アナウンサーと、各専門分野の大学教授の方々が、お子さんからの「なぜ?」に生電話生放送で答えていく、という番組です。 正直「そんなくだらないこと、質問するなよ・・・」というような質問から、「確かに言われてみれば不思議だな」という質問、大の大人ですら答えようもないスケールの質問・・・玉石混交の質問が子供たちから投げかけられます。 時々、質問の答えを理解する能力がないお子さんへの説明が難しいな・・・と感じる場合もありますが(+_+) お子さん方もさることながら、各界隈で最高にして最先端にいらっしゃる大学教授の先生方が鋭い質問にタジタジで、「なんだか可愛らしいなぁ」と思えるのが不思議です。 また、頭脳明晰でいらっしゃるのに、お子さんを見下したり、きつい口調にならない先生方は本当に素晴らしいなぁ。 知識も素晴らしいのですが、人前でお話するプロなのだと感心させられてしまいます。 私なら絶対にイラついて雑にまとめてしまうだろうなぁ、と思います。 夏になるとそんな番組を聴きながらアルバイトしていたな、と思い出します。 変わった期間限定のアルバイト経験がおありの方は、教えてくださると嬉しいです(^^)/~~~

    山野華
    メール
  21. 7/9 (日) 11:05

    ダミー蜂の巣

    皆さんこんにちは、華です。 実は、我が家の軒先や車庫に【蜂の巣】が出来ることが多く、よく私の母がハエ叩きで蜂を成敗しています。 ※良識ある皆さんは真似しないでくださいね。 我が家にはワンちゃんや小さい子がいるので、尚更心配です。 そこで、私は某ショッピングサイトにて、【ダミー蜂の巣】なるものを購入致しました。 一応蜂にも社会というものがあるらしく、よその蜂の巣が先に陣取っていると、その近くには自分の巣を作らないという習性があるようです。 ※検証がかなり大変な作業になるらしいので、専門家が実際に実験したデータがなく、今は科学的には証明されておりませんので、効果がなくても自己責任だそうです。 ネット上では、段ボールなどで自作する方もいらっしゃるようですが、雨に濡れたり湿気を吸ったりすると、くにゃくにゃふにゃふにゃになりそうなので… 私は風船タイプを購入致しました。 風船に蜂の巣と蜂のプリントがしてある商品です。 送料込みでも1個1000円しないくらいの金額です。 キャンプなんかでテントにぶら下げたりしても使えるそうですよ。 我が家には、効果がありました。 時々、敷地内に蜂が飛んでいるのは見かけるのですが、蜂の巣そのものは見付かりません。 なので、だいぶ安心して過ごせるようになりました(^-^) あっ、私はダミー蜂の巣風船の会社の回し者ではありませんよ(笑) ただ、ダミー蜂の巣の効果は感じられたので、お子さんがいらっしゃるご家庭や工作がお好きな紳士の方々は、夏休みの自由研究として自作されては如何かな?と思います。 私個人としては、紙コップに塩やミョウバンを溶かした水を入れ、そこにモールを突っ込んで結晶化の過程を観察するよりかは、有意義な実験だと思います♪ ちょっとの工夫で、楽しく、安全に暮らしたいものですね。

    山野華
    メール
  22. 7/7 (金) 14:36

    女性のプロフィールに興味ありますか?

    こんにちは!(^^)!華です。 私のお部屋は常に30度越えです。 エアコンは・・・もう少し、我慢したいなぁなんて思っていますが、いつまで持つのやら(笑) さてさて、今日のテーマは「女性のプロフィール」について。 興味はありますか? BBチャットでは、女性はプロフィールというものを公開してますね。 読んでいて、どう思いますか? 私は、プロフィールって書くのが難しいなと思います。 長ったらしく書くのは、私の悪い癖ですが(笑) ただ「よろしくお願いします」だけだと味気ない。 えっちなことが目当てならともかく(笑)末永い仲良しさんを探していらっしゃる方からは、女性の趣味や価値観が垣間見えないと、「この子はどういう子なんだろう?」「会話が通じる子なんだろうか?」などと思われてしまいそうですね。 身バレは避けたい。 でも、私が男性会員さんだったら、同じような女性2人のどちらかとお話しようか迷ったときに、年齢やお住まいが「秘密」の女性よりも、ちゃんと書いてある方を選んじゃうかも。 同世代だったり、同県もしくは土地勘のある県だったら話題に困りませんしね。 きつい言葉で、「○○はできません!」と書くのもいただけない。 けれども、できないことをはっきり書かないのも後々トラブルの元だったり、お問い合わせメールが増えてしまって対応しきれない。 (ただ、読まない方はどんなに目立つように書いても読んでくださらないのです) 色々考えることが多いのですが、少なくとも私は「自分にマッチする方と繋がりたい!!」と思ってプロフィールを書いております。 そして、私のページに何度も足を運んで、真剣にチャットするか悩んでくださった方ほど「マッチするなぁ」と感じます。 逆に、画像や待機が気に入ったので突撃!という方は、無茶な要求をされてきて、「プロフィールにできないと書いてありますが・・・お読みいただけましたか?」とこちらが聞くと無言落ちされますね。 正直、本来なら使う必要のないポイントと時間を使って、相手をモヤモヤした気持ちにさせる・・・もったいないことしているなぁ、とは思いますが、そういうチャットスタイルの方なのであまり口出ししないようにします(;´・ω・) それから、話題がなくてわざとしていらっしゃる方もいるのですが、プロフィールに書いてあることをあえて相手に質問する、というのも「あっプロフィール読んでいただけてないんだな」ってあまり良い印象にはなりませんね。 それなら、「○○ってプロフィールに書いてあったけど、どういうこと?」と聞いた方が良いのかもしれません。 ブログもそうかもしれませんが、プロフィールも女性が「自分のスタンスや個性を表現する場所」なので、長くお付き合いしたい女性を探すのであれば、ちゃんと見た方が良いかもしれませんね。 男性会員さんだったら、「コメット」を使うのも良いかもしれません。 ただ、「チャットしたい」とつぶやくのではなく、「川釣りが好きです!釣り女子さんとお話したいのでメールください!」「足の小指フェチです(笑)指は細いのに爪が大きめのが好きなので、自信がある方見せてください」など、その他大勢の男性にならないようなコメントをすると、理想の女性からメールが来るかもしれません( *´艸`) 個性を出す、というのは自分とマッチしない人を切り捨てる手段になりますが、逆に言えば自分とマッチする人を引き寄せる手段にもなり得るということです。 女性のプロフィールを読んでみて、「この人の望む男性はおそらくこんな人。自分はそれにどれくらい当てはまるかな?」と考えてみるのも楽しいかもしれませんね。 また、「全然自分に当てはまらないけど、どうしても話してみたい!」と思う女性を見つけてしまうかもしれません。 皆さんが、素敵な女性と楽しいチャットができることを祈っております。

    山野華
    メール
  23. 7/6 (木) 20:55

    喋らない美容師さんから思う無言(無音)時間について。

    皆さんこんばんは♪華です。 今日は美容室に行ってきました。 はじめてお邪魔する所だったんですが、今度から「ここに通おう」と思いました。 その美容室は、美容師さん一人で切り盛りする所でした。 そして、その美容師さん、まっっったく喋らないんです!! あ、最低限は喋りますよ? 今日はどうしますか?ここはどれくらい切りますか?等・・・。 ですが、他には一切喋りません。 そりゃ美容師さんとのお話が楽しいに越したことはないのですが、「アレ?今モノを売りつけられてる?」「ん?なんか馬鹿にされてる?」「いやいや貴方に関係ないでしょうよ・・・」なんて会話になってしまうことも多々あるので、そんなことは一切ない上に、こちらのリクエスト通りに髪を切ってくださるその美容師さんに好感を持ちました。 無職だった時に、「お仕事何されてるんですか?」「無職です」「あっ・・・・・・そうなんですね」なんて会話になったことがあるんですが、内心(自分で聞いといてその反応はないでしょ・・・)なんて思ったこともあったり。 美容師さんからしたら、お客さんから「つまらない奴だな」「愛想のない奴だな」なんて思われるのが嫌で、無理矢理喋っているだけなのかもしれません。 お互いが無言の空間が居心地が悪いと感じていらっしゃるのかもしれません。 ですが、私は誰も喋らない空間=悪い、とは思わないのです。 気まずいなどとも全く思いません。 特に、チャットをしていて思うのですが、チャット中にお互いが無言の時間ってあるじゃないですか。 おそらく、とってもお喋りな方同士の2ショットでも、なんかのタイミングで絶対にあると思うんです。 どちらかが相手の気分を害して、気分を害された方が押し黙る、とか以外でもですよ。 本当にポカーンと無言の時間ができてしまうんです。 その瞬間が嫌で、無理矢理取ってつけたような会話をしたりしてしまうと、相手の地雷を踏んでしまったり、場が白けたり・・・それはリアルでもあるかもしれませんね。 特に、女性側は男性会員さんの大事なポイントをいただいているので、何かしら喋らないと申し訳ない気持ちになったりもするかと思います。 ですが、そのお互いが無言の時間があることによって、男性会員さんが「そろそろ落ちるね」だとか、女性に聞きたいことを聞いたりだとか、そういったこともできるのではないかと私は思います。 無言の時間から、会話の主導権を握り返したり、今までの話の流れを変えたりするのに一役買っているのではないでしょうか? また、私は全くの素人ですが、音楽なんかでも曲の中に無音を作り出す「休符」なるものがありますよね。 曲の最中に無音の間を挟むことで、感情を表現するとか、曲の流れを変えるだとか、聞き手に「アレッ!?」と思わせるだとか、色々な効果がありそうです。 そして、コンサートなんかで「無音の瞬間」があっても、聞き手は「金払ってるんだから無音はやめろ、何か音を出せ」なんて言いませんよね(笑) 何が言いたいかと言うと、「無言の時間を楽しみましょう」ってことなんです。 血の通った人間同士が場を共有している時の「それ」は、決して無価値なものなんかではないのです。 私は「無言を制する者は会話を制する」とまで言ってしまうと大げさかもしれませんが、それくらい重要なことだなぁと思います。 例えばなんですが、久しぶりにチャットに来てくださった方を相手に、嬉しくて私は何も言えなくなってしまったことがあるんです。 でも、お相手の方はそこまで喜んでもらえたことが嬉しい、とおっしゃってくださったんです。 それから、双方向カメラで睨めっこをしたときは、お互い無言なんですが、お互いの変顔に笑うのを堪えての無言・・・大笑いが解禁になった時の楽しさはひとしおですね。 無言(無音)の使い方は無限大だと思っています。 大事な方とのコミュニケーションの休符に、愛を持てたらいいですね。

    山野華
    メール
  24. 7/4 (火) 14:57

    この梅干し婆!!

    皆様ごきけんよう、華です。 皆様は、梅干しはお好きですか?? 梅干しと言うと、どうもおにぎりのネタたちの中では小物扱いされているような気がします。 知り合いの老紳士は、梅干しが大好きでいつもコンビニで梅干しおにぎりを買ってらっしゃいます。 ところがある日、いつものように老紳士がコンビニで梅干しおにぎりを持ってレジに並んだら、店員さんから「今日おにぎり半額ですよ、カルビとか高いものも全部です」と言われ、「梅干しが安いから買ってるんじゃない!!好きだから買ってるんじゃ!!」とぶち切れてました。 すみません、それちょっと面白くて笑ってしまいました。 確かに梅干しは安く売っているので、節約のために買う方もいらっしゃりそうですね。 ですが、好きで買っている人に対して「安いから買ってるんでしょ」みたいな反応はご法度です。 梅干しを家庭で漬ける方はいらっしゃいますか?? 田舎のマダムたちは、梅干しを漬けるのが大好き、というかもはや習慣になってらっしゃる方もいらっしゃいますね。 梅干しには植物性乳酸菌が含まれていて、 植物性乳酸菌の効果は ◆腸内環境を整えることによる便秘予防 ◆肥満の抑制 ◆免疫力アップ ◆抗アレルギー効果 なお、 ヨーグルトなどから摂れる動物性乳酸菌に比べて植物性乳酸菌はより高い効果があるとかないとか。 また、アンギオテンシンⅡが血管収縮性作用のあるホルモンの働きを調整し、血圧の上昇を抑え動脈硬化の発生を抑制する作用があるらしいですよ。 まるで天然のサプリメントのような食べ物ですね。 私は、梅干しは好きですが、そのままダイレクトにいただくよりも、梅肉を混ぜご飯にしたり、冷奴にトッピングしたり、ドレッシングにする方が好きです。 その方が、姪っ子たちも食べやすいようですし・・・。 さてさて、我が家では母が梅干しを漬けております。 毎年このくらいの時期に漬けているので、年間を通して大量消費を目標としておりますが、去年の在庫を処分したいこの時期に消費が集中します。 が、姪っ子海ちゃんは、それが不満なようです。 海「もう梅干しいらない・・・」 母「何言ってんの!!体にいいんだから食べなさいよッ!」 華「塩分の関係で1日1個推奨だけどね・・・」 海「だいたい毎年作らなくたって良いじゃん!!この梅干し婆!!」 母「ハハハ~梅干し婆で結構!ほ~ら、梅干し婆だぞ~」 母は、口を窄めて顔をシワクチャにします。 海「うわ~気持ち悪ッ!」 華「まぁまぁ、歳取るとね、毎年同じ時期に同じことして人生のリズムを取ってるのよ」 海「なにそれぇ~??」 華「海は学校に行ってるから、何月は運動会で何月は文化祭、とか行事があるでしょ?でも、梅干し婆には運動会も文化祭もないから、梅干し作りが行事なのよ。その行事がないと今何月か感覚的にわからなくなってきてボケちゃうだろうしね」 母「そうよ、梅干し婆が耄碌婆になっても良いの~?」 海「うげっ!!ボケ婆は嫌だ~すでにボケてる気もするけどぉ~」 母「それは生まれつきよぉ~~~」 華「まぁ、おばあちゃんは私が子供の頃からボケてたけどね」 母「天然ボケよぉ~~~」 海「可愛くねーよ!!」 実は、私も家庭菜園で1年のリズムを取っている節があります。 そして、それがちょっと楽しみだったりもします。 人から見れば義務的にしているように見えることも、本人は楽しんでやっていたり。 私は面倒だな、と思う梅干し作りも、我が家の【梅干し婆】はとても楽しんでやっているのです。 そんな話。

    山野華
    メール
  25. 7/2 (日) 18:17

    相手に優しくすることは私のエゴ。

    こんにちは!(^^)!華です。 毎日暑くて、冷凍庫のアイスの減りが早いな・・・と感じる今日この頃です。 今日は、上の姪っ子海ちゃんとお出かけしたんですが、帰りの車で 「華ちゃん、何で店員さんからお釣りを受け取るときにわざわざ【ありがとう】って言うの??こっちがお客なんだし、お釣りのお金は元々こっちのものなんだから、言わなくて良くない?」 と言うわけです。 「接客業をやってたからかな。あ、接客業ってのは、お客さんに商品の説明したり、レジをしたりする仕事のことね。それでね、嫌なお客さんに当たると、1日中嫌~な気持ちになるの」 と私が言えば、 「嫌なお客さんって、どんな?」と彼女は聞いてきます。 「例えば、開封した商品を返品したいって言ってきたり、廃盤って言って・・・もう作ってない商品のことなんだけど、その商品がもうないって伝えると、怒りだしたりとかね。あと、他所のお店で買った商品をうちの店で買った商品だと言い張って、クレーム付けてきたりだとかね。でも、うちの系列店では取り扱いができない商品だから絶対に有り得ないんだけど・・・」 「大人がそんなことを言うの!?」ドン引きしながら叫ぶ姪っ子。 「あと、男性のお客さんから連絡先教えてとか、高齢女性のお客さんからうちの息子とお見合いしない?とか、どさくさに紛れて触ろうとしてくる高齢男性もいたなぁ」としみじみ言います。 「き、気持ち悪い・・・店員さんって大変なんだね」姪っ子は完全に引いてます。 「まぁ、自分の思い通りにならないと、こちらに落ち度がない場合でも、暴言を吐いてきたりクレームを入れられたりすることもあるんだよねぇ」無意識に溜息も出てきます。 「そうなると、1日中嫌な気持ちになるし、次のお客さんもそんな人だったらどうしよう、なんて恐怖心から人前に出ることが怖くなる時もあるし、職場に行くと動悸がして動けなくなって、しばらく車から降りられなくなる時もあったよ」 自分がターゲットになる場合もあれば、同僚が大変な目に遭っているのを見ることになり、それもつらいし、時には自分も一緒に謝らなきゃいけないしね、と付け足せば、姪っ子はもう言葉が出てこないようです。 「でも、悪いことばっかりじゃあないよ。いいお客さんもいて、差し入れを持ってきてくれたり、私が勧めた商品がとても気に入ったって何度も足を運んでもらえるようになって、すごく嬉しかったこともある。あと、エアコンがない環境で働いていた時に、【エアコンを付けないと店員さんが具合が悪くなってしまう】って本部に言ってくれたお客さんがいて、エアコンが付いたこともあったなぁ」 現場の人間ではどうしようもない、職場の方針に対しての苦言を社員の代わりに上層部に言ってくださるお客さんもいました。 いつも問題ばかり起こす同僚を何とかするように上に掛け合ってくださったのもお客さんでした。 「店員を不幸にするのもお客さんだけど、幸せにするのもお客さんなんだよ」 姪っ子は、ハッとしたように目を見開きます。 「私が客の立場になった時は・・・店員さんを幸せにしたい、なんて大それたことは思わない。けど、私のせいで1日中つらい思いをさせたり、人前に出ることに恐怖を感じさせたくはないんだよね。私は、店員さんの為っていうよりも、店員をしていた過去の自分に嫌な思いをさせたくないんだよ」 そう、これはエゴです。 目の前の相手に、過去の自分を重ね合わせ、過去の自分を救った気持ちになりたい私のエゴ。 「わかるようなわからないような・・・」とぽつりと言う姪っ子。 「例えばさ、あんたは自転車に乗れるようになるまでに時間がかかったし、何回も転んだでしょ?だからさ、近所の子が自転車で転んでも、補助輪付けてても笑ったり馬鹿にしたりしないじゃない?そういうことだと思うけど」と言えば、 「そりゃそうだよ。何回も練習してるのに全然上手くならなくて、でもみんなは普通に乗れてて悔しいじゃん。そんな時に誰かから馬鹿にされたら、諦めちゃうかもしれないじゃん」と姪っ子は口を尖らせます。 「それは、過去のあんたがされたら嫌だってことを、誰かにしたくないからでしょ?それとおんなじよ」と言えば、彼女は何かに気付いたような顔をします。 私は明日も誰かの姿に過去の自分を重ね合わせて、優しくするのでしょうか。 その優しさは、目の前にいる相手ではなく、過去の自分に向けた優しさだと気付いている人は、一体どれくらいいるんだろうか・・・なんて、考えていたらすぐに自宅に到着したのでした。

    山野華
    メール
  26. 7/1 (土) 12:25

    オカン「その服ピエロみたいwww」

    こんにちは!(^^)!華です。 こちらは大雨で車でお出かけしてもずぶ濡れになってしまう時もありました。 先日、私と母、姪っ子二人で買い物に行ったときの出来事を書こうと思います。 某ショッピングモールに行った時、上の姪っ子海ちゃんが「服が欲しい」とのたまったので、上の子だけというわけにはいかないので、姪っ子2人分の服を購入しようとなったわけですが、海ちゃんの服を選んでいる時に事件(?)は起きました。 海「ねぇ、この服可愛い!!どう?」 母「その服ピエロみたいwww」 華「ぶっっっ!!」 いや、私も思ったけども!! 愛(母)よ、子供相手にずいぶんハッキリ言うなぁ。 若かりし頃、母と姉と私で買い物に行った時も、姉の選んだ服を見て、 「レ〇プされた後みたい!!品がないからやめたほうがいいわッ!!」 と言い放った母です。 さすがに私はそこまで思いつきませんでしたが、なんだか半年間ジャングルでサバイバルした後みたいな服だなぁとは思いましたよ。 何が悲しいって、母はデリカシーこそないものの、言うことは的を得ているんですよね。 そんな母のデリカシーのなさにムカつかないわけではありませんが、買い物って衝動的にやらかしてしまう時もあるので、後々考えると変な服を買うのを止めてくれてありがたくはありますね。 海「華ちゃんはどう思う?」 華「色合いはとっても可愛いと思う。ピンクも、落ち着いた色で海はセンスが良いと思う。けど、やっぱり襟の形やシルエットはおばあちゃんの言う通り、ピエロっぽい感じはあるかなぁ。もし、違うデザインで同じ色の服があったら、多少高くてもそっちを買ってあげるから、もう少しよく見たらどう??」 海「確かにこのピンクが気に入ったから選んだんだ。形にこだわりはないから、もうちょっと見てもいいかな?」 母「そうしな、ピエロはやめといた方が良いわ」 華「あんたは黙っときなさい。雪(下の姪っ子)とその辺で休んでて」 私は財布から100円玉数枚を出し、母に半ば無理やり押し付けました。 それでジュースでもアイスでも勝手に食べてろ、と言わんばかりに。 華「ほら海、デリカシーのない婆はいなくなったから服選ぶよ」 海「うん・・・華ちゃんって、おばあちゃんに厳しいよね」 華「何十年あの婆の子供やってると思ってるの。昔っからそうだから、桃おばちゃん(私の姉)もよく怒ったりショック受けたりしてたわ」 海「昔からそうなんだ・・・」 華「ほら、晩御飯の時間が遅れるから早く選ぼう」 そして、海の洋服を買い、母のもとへ行くと、立派な土手っ腹をさすりながら自販機で売っているタイプのアイスをモグモグしていました。 海「うわっ・・・オランウータンみたい」 母「なんだってぇ!?」 華「ぶっっっ!!」

    山野華
    メール
  27. 6/28 (水) 14:12

    大掃除しました。

    こんにちは、華です。 突然ですが、今日はお仕事お休みなので大掃除しました。 大晦日と間違ったわけではありません(笑) 私は大晦日に大掃除、3月に中掃除、6月に大掃除、9月に中掃除・・・といった感じで、大晦日にあまり負担がかからないようにしております。 単に放置しすぎると汚れが落ちづらくなるものもありますしね。 これの良いところは、大晦日に「うわー全然汚れてなくてすごく楽!!ありがとう、3月と6月と9月の私!!」と思えるところです。 感謝、というのは他人や出来事に対してするものだと思いがちですが、自分に対してするのも良いことだと思います。 そして、今の自分がしていることが、未来の自分に感謝されると思うと、多少大変なことや面倒臭いこともできるなぁ・・・と感じます。 ちなみに、ほんのすこーしだけ、私のお部屋の雰囲気も変わった気がします。 気が付いた方がいらっしゃったら、ビックリです( *´艸`)

    山野華
    メール
  28. 6/26 (月) 20:37

    オカンの言い間違い。

    皆さんこんばんは、華です。 うちの母は、よく言い間違いをして姪っ子に指摘されます。 私も指摘しますが、全然治りません。 なので、もう私たちは母で遊ぶことにしました。 母「あんた、あの服着てったら良いんじゃない~?あの、ボヤの付いたやつ」 華「服、燃えとるやん」 姪「ボアね!!火だるまになりたくないよぉ・・・」 母「今日はキッチンラーメンにする?」 華「台所は?」 母「チッキン!!」 姪「弱虫は?」 母「キチン!!」 華「全部惜しいわ・・・」 姪「台所はキッチンで、鶏肉や弱虫はチキン!」 華「今日の晩御飯は?」 母「チ・・・ッキンラーメン!!」<●><●>クワッ! 母「海、あんたってあそこ行きたがらないわよね」 姪「どこ??」 母「デズニーシーランド!!」 華「ワーオ、融合しちゃってるよ」 姪「生きた化石は?」 母「シーカランス!!」 華「天変地異が起こる前に現れる長~い深海魚は?」 母「天変地異の使い!!」 姪「惜しいのか惜しくないのかよくわからないよ・・・」 母「(ダンスの練習中の姪を見て)チックタッカーみたい!」 姪「はいぃ!?今なんて??」 華「時計の針みたいだって」 母「違うわよ!!今どきの子が動画撮ってる・・・」 姪「時計の針とか酷くない!?」 母「あれ!!あれよ・・・」 華「ティックトッカー」 母「それよ!!テックトッカ―」 姪「年寄りは小さい'ィ'が言えない」 お子さんやご兄弟と一緒に親の言い間違いをからかっている貴方、もしくはお子さんやお孫さんに自分の言い間違いをからかわれている貴方のエピソードをお待ちしております!

    山野華
    メール
  29. 6/25 (日) 23:28

    お友達の誕生日プレゼント。

    皆さんこんばんは、華です。 最近、夜があまりに暑いので窓を開けて寝ていたら、夜中に寒くなったり朝方咳が止まらなくなったりしてしまいます・・・。 さてさて、今日は姪っ子海ちゃんと一緒に、海ちゃんの誕生日プレゼントを買いに行きました。 「華ちゃん、☆☆ちゃんに何をあげたら良いと思う?」 ☆☆ちゃんは、私の小学校・中学校時代の先輩の娘さんで、姪っ子のクラスメイトでもあります。 スナップエンドウの続編の時の子です。 小学生の子への誕生日プレゼントなんて聞かれてもわからないよ・・・私はお酒や農産物、海産物を送れば喜んでくれるような人としかお付き合いがないんだから・・・などと内心苦笑します。 「あそこは三毛猫3匹飼ってたよね?三毛猫グッズとか・・・?あと、☆☆ちゃんのお母さんは女の子らしいものが好きだけど、☆☆ちゃんの持ち物はどんなものが多い?」 うちには、柴犬がいますが、柴犬モチーフのものをいただけると、やはり嬉しいものですね。 特に、うちの子にそっくりな柴犬だと、嬉しさ倍増です。 「確かに、☆☆ちゃんはにゃんこ大好きだねぇ。図工の時も何かにつけて三毛猫描いてるもん 。☆☆ちゃんもちょっと、ぶりっ子?みたいなのが好きかな。そういえば、☆☆ちゃんは、最近お化粧品に興味があるみたい」 「ぶりっ子はやめなさいよ。せめてガーリーとか、ゆめかわとかにしなさい。言いたいことはわかるけど」 そこで私はピンときました。が、そんな商品は存在するのか確証がありません。 「三毛猫の鏡とか・・・売ってるかな?」 「鏡・・・?」 「お化粧するときは鏡がいるでしょう?お化粧品そのものは、色味とか香りとか・・・個人で好みがあるから必ずしもプレゼントしたものが合うとは限らないの」 そう、男性から海外のお土産として高級ブランドの口紅をいただいた時、全然似合わなくて母に譲った苦い記憶が蘇ります。 「こーんな大層なブランド物貰っちゃって悪いねぇ!!」と高笑いする母が脳内再生されました。 また、香水をいただいた時は、香水のかおりが私の生まれ持った体臭と相性が悪いようで、私がつけると臭いのに、姉が付けると良いかおり、という経験もあります。 もちろん、逆のパターンもあって、姉がテスターで気に入って購入したものの、姉には合わなくて私のもとへやってきた香水もありました。 姪っ子は「それもそうだね、そもそもお化粧品は種類がいっぱいあってどれにしたらいいか全然わからないしね~」と納得しました。が、三毛猫の鏡なんてあるのでしょうか。 などと思っていましたが、私なぞが思いつくことです。 雑貨屋さんを探したら、あったんです! スタンドミラーで、頭にリボンを付けた三毛猫ちゃんが、なーお。とでも言ってそうな表情をしている柄のものです。 「「あった・・・!!」」 しかも、☆☆ちゃんが好みそうな、ちょっとガーリーなデザインをしているではないですか。 さすがにそれ単品だと寂しいので、適当に見た目が可愛い入浴剤も一緒にプレゼント用にラッピングしてもらいました。 そして、帰りに車で☆☆ちゃんのお宅に行って、プレゼントを渡してきました。 ご家族もいらっしゃったので、邪魔しちゃ悪いな・・・と思ってプレゼントを渡して、さっさと帰ってきました。 「ねぇねぇ華ちゃん。プレゼント選びって難しいんだね」と姪っ子は言います。 「そうね、自分の欲しいものやあげたいものを一方的に押し付けるのは、本当に相手のことを思っていることにはならないから。でも、相手のことを思ってプレゼントを選んでいる時は楽しいじゃない?」と問えば、 「そうだね、☆☆ちゃんのことを考えて、気に入るものを渡せたらもっと仲良くなれるよね。これが華ちゃんの言うコミュニケーションってやつかな?」と察しの良い姪っ子は言います。 私が肯定する言葉を出そうとした途端、スマートフォンの通知音が鳴りました。 それは、☆☆ちゃんのお母さんからのメッセージで。 「わざわざプレゼントを持ってきてくれてありがとう。うちの子そっくりのにゃんこのミラーでとてもとても☆☆は気に入っています♡入浴剤も、今日早速使わせてもらうね!」と、☆☆ちゃんがミラーを持って満面の笑みを浮かべている写真が表示されています。 それを姪っ子に見せて、「良かったね」と言えば、姪っ子も満足そうです。 姪っ子は、明日学校で☆☆ちゃんに会うのがさぞかし楽しみでしょう。 私は、そんな姪っ子を見て、昔を懐かしむような、姪っ子の成長を少し寂しく思うような、複雑な気持ちになるのでした。

    山野華
    メール
  30. 6/24 (土) 12:54

    色気とはなんぞや。

    こんにちは、華です。 昨日の告知通り、今日は「色気とはなんぞや」について、私なりの持論を語っていきたいと思います! では、結論から言います。 「色気とは、願望を叶えてくれる予感」です。 ピンときますか?きませんか? 例えばですが・・・ ルパン三世の不二子ちゃんに色気を感じる男性は、「女性にリードしてほしい」「弄ばれたい」「駆け引きを楽しみたい」などの願望を持った方ではないでしょうか? 逆に、彼女に色気を感じない男性は、「性的なことに疎い女性を自分が開発したい」「従順な女性が好き」などの「自分優位の行為をしたい」タイプではないでしょうか? (いつも自分優位で振る舞う女性を屈服させたい男性は却って燃えそうですけどね・・・) 名探偵コナンの安室透(降谷零・バーボン)は女性からとても人気です。 これを単にイケメンだからで片付けるのはいただけないと私は思います。 ギャル男でコミュニケーション能力が高く、リードしてくれそうな、奥手な女性にとっては都合の良い存在だからです。要は、相手主導でアプローチされてお付き合いする妄想がしやすいわけです。 良いキャラクターなのに、異性人気がないキャラって、「付き合っている妄想がしづらい」んですよね。これは、「願望を叶えてくれる予感がしない」からなわけです。 人気漫画のキャラクターブックなんかが出ると飛ぶように売れますね。これは、好きなキャラクターの誕生日や好物、人間関係などを把握して、よりリアルに付き合っている妄想をしたい読者が多いからだと私は睨んでいます。 なので、かっこよくて(かわいくて)ちょっと子供っぽいところがあって、人懐っこくて仲間を大切にして・・・なんてキャラクターは異性人気が高く、「モテない人が好きそうなキャラクター認定」されてしまうことがありますね。 反対に、孤高のキャラクターも人気がありますね。孤高の存在が、自分だけを溺愛してくれるというシチュエーションで妄想するのが好きな方も多い気がします。俺様系だと相手がリードしてくれる妄想がしやすいですしね。 経験の少ない方や、異性に夢見がちな方は、自分が何も努力しなくても自分の思い通りに動いてくれる相手を求めがちな部分がありますから・・・。 現実の人間に当てはめてみても、「あの人と付き合ったら面白そう」「夜が充実しそう」と思う異性に心惹かれるのではないかな?と思います。 なので、見た目が好みでなかったとしても、相手の内面に触れてみて、「すっごく好み!付き合いたい!」なんて思う場合もあるかと思います。 例えば、清楚系が好きな男性が、見た目がギャルの女性が実は男性経験がないと知ってときめいたり、強めの女性が好きな男性が、普段大人しい女性にビンタを食らって恍惚としたり、不二子ちゃんが好みの男性が、ボーイッシュ女子から気を持たされたり落とされたりの繰り返しでハマっていったり・・・。 どんな相手にでも、「自分の欲望を満たせるかもしれない」という可能性を見出すことができれば色気を感じるというわけですね。 むしろ、見た目が好みでないほど、いい意味でのギャップがあるので危険なのかもしれません(笑) ちなみに、女性の言う「色っぽい女性」というのは不二子ちゃんみたいな女性です。 これは、女性の中で作り出した男性目線で同性をジャッジした時に、「美人でロングヘア―でグラマラスな体つきで男性経験が多そうな大人の女性」が色っぽいと考えているからです。 ただ、個人的にはこれでは完璧すぎるので、ワンピースのナミさんのような、フレンドリーでちょっと敷居が低めの女性が人気なのは頷けます。フレンドリーな女性に恋愛相談して、あわよくば・・・という妄想が捗りそうなキャラクターだなと感じます。 私は、パーツにも色気は宿ると考えています。 女性の胸なんかは、服の上から見ると膨らんでいるけれど、中身はどうなっているのかとか、触るとどんな反応なのかとか妄想が膨らんでいるのではないかと思います。 力士の胸は、男性のですし、モロ出しですし、触ると「どすこいっ!!」と土俵の外に突き飛ばされたりしそうなので、大きくて形や乳首が綺麗でもまったく色っぽくはありませんね。 一度、「自分はどんな欲望を持っているのか?」をまとめてみると、案外ストライクゾーンが広がるかもしれませんよ!(^^)! 狭まる方もそれなりにいらっしゃるかもしれないので、自己責任でお願いします(笑) これは、異性の好みに限った話ではないので、浪費癖がある方なんかは、購入する前に「自分はこれで何を叶えたいと思っているのか?」自問自答すると、案外それは必要のない買い物だった・・・という場合もあります。 ご意見、ご感想がある方はぜひ、メールやチャットでお知らせいただけたら幸いです。

    山野華
    メール